ままならない

SNSで失った日本語能力をブログで取り戻す

生きづらさってなんだろう


自称社会不適合者が量産されていますが、
相対的に見てどうであるかはもはや関係なくて、自分がどう感じているか、それだけに焦点を置くべきだと思うんです。

「辛い」って言ってる人がいて、でもそれ以上に辛い人もいて、それで「自分の方がもっと不幸なのに!」って言っても何も生み出さないでしょう。
それぞれ自分のキャパシティがあって、そこと比べてどうなのか、っていう話しかできないと思うんです。


少し飛躍するけどこれは学歴コンプレックスにも通じるのではないでしょうか。
東大生が「ハーバードに行きたかったのに落ちた。東大は行きたい大学ではなかった。コンプレックスだ。」と発言したとして、果たして私たちは「そんな贅沢なことを」「十分でしょ?」「行きたいのに行けなかった人もいるのよ」と言う権利はあるのでしょうか?

例えばこれはもう少し難易度の低い大学になると顕著で、またさらにここに「周りの人を見下している」という見解まで加わってしまいます。
人それぞれ学力にも差があって、想いも違って、現実も違う。均一的に評価することはできないはずなのです。


きっと私たちは集団を成すと、ひとりひとりにキャパシティがあることを忘れてしまうのだと思います。というよりも、それを無視した方が動きやすいのでしょう。

その傾向がやがて、「普通の人」像を作り上げ、ある種の強迫観念のように「普通の人」ロードを歩まなければならないと思いすぎてしまうのではないでしょうか。


ふと気付くと、「普通の人」像は自分の中で誇張されていて、実はそこまで「普通の人」でないと許されないわけではないとわかります。
しかしそれは「普通の人」像がないわけではなくて、あまりにも長い間思い込んでしまったがためにぶくぶくと太った像になってしまっただけのことです。


だとしても、それに気付くだけで、幾分かは気が楽になるでしょう。




世間が変われば…

きっとその前にも自分のなかのパズルをひとつ動かすだけで案外うまくいくことも多くあるのでしょう。




……それでも「普通の人」にはほどほど遠いですねえ。困ったものだ!