ままならない

SNSで失った日本語能力をブログで取り戻す

shisha-gonyu thirty でもなく around twenty

 

 

本日お誕生日であるところののめみです。

お誕生日おめでとう!おめでとう!おめでとう!

26歳になりました。

 

実感が全くありません。なぜならば自称23歳だから。

去年は25歳だったし一昨年は24歳だったけど今年は23歳の気持ちです。

 

revereine.hatenablog.jp

 

去年はかたくなにアラサーを否定しましたが、今年は否定するまでもない。だって23歳なんだもん。

 

去年の誕生日ブログにはこんなことを綴っていた。

大学生の頃は「ついこないだまで高校生だったし誤差」だと思っていたし、今は「大学生の時と感覚は変わったな」とは感じているけど、それは社会的な責任とか金銭面とかの話であって、まだまだ若いと思ってる。なんなら、全く新しい世界に飛び込んで、やっと自分だけの足で立って、道を切り開いていって、小学生の気分なくらいだ。あまりにもピュアで青い自分の理想に自分自身がドン引きするくらいに。

 

去年までは「社会人」であることをとにかく感じていたらしい。あるいは意識していたらしい。

そんな感覚いまではどこかへ行ってしまった。

それはもしかしたら社会人であることが普通になってしまった(いわゆる オトナになってしまった ってヤツな)のかもしれないし、仕事もやめるしなんか社会人とか会社員とかどうでもいいよ、ってとっぱらっちゃったからなのかもしれない。現時点で原因はわからない。

社会人3年目!?ウソでしょ!?という感覚が強い。これもまた上記と同様の理由だと思う。あとこの2年で積み上げたものとか特にないしな… ただただ時間が過ぎていった(死んでいた)だけという気持ちである。

だから大学を卒業した年齢のままの気分なのだ。(大学を卒業した時点で23歳なのであれば、卒業してすぐの誕生日に24歳になったはずなので、今回の誕生日は24歳と思ってもいいはずなのだが、とにもかくにも私は23歳だと信じ込んでいるのである。理論は通用しない。)

 

28歳くらいになったらアラサーという言葉を武器にまたきっと輝くから、もう少しだけ待ってほしい。 

 

こうも書いていたので、去年の私は28歳くらいになったらアラサーの自覚が芽生えると思っていたらしい。

 

今年はこのように予言します。

私は29歳になったときにアラサーを自覚するでしょう。

 

【実年齢】【自覚年齢】

23歳-----23歳

24歳-----24歳

25歳-----25歳

26歳-----23歳

ときたら、

27歳ーーーーー24歳

28歳ーーーーー25歳

となるわけです。

で、もろもろの今後の人生プラン等を鑑みると、29歳のときにまた23歳になるとは思えないのです。30歳って結構大きな区切りだと思うから、一歩手前の29歳はさすがにアラサーの自覚が芽生えると思うんだよな。

 

私の実年齢がいくつで、自覚年齢がいくつだなんて皆々様におかれましては全く関係のない興味のないことでしょうけれども、こうやって残しておくことで来年の私がそれまでの人生を振り返ることができるわけなので、貴重な資料としてここに記すこととします。

なぜわたしは私を23歳だと思っているのか? ということは私にとって大変興味深い事象なのであります。そもそもこの感覚がものすごく不思議だから。いろいろな要因が考えられるから。いろいろ関連付けたくなっちゃうから。これは後世に残すべき文章なのです。

 

 

どうかどなたも私のことをアラサーと呼ばないよう、心よりお願い申し上げます。

飲み会が嫌だ

 

飲み会が嫌だ

お酒を飲まなきゃいけないから。

 

飲み会が嫌だ

気をつかわなきゃいけないから。

 

飲み会が嫌だ

好きなものを食べられるわけじゃないから。

 

飲み会が嫌だ

何でもお酒のせいにされるから。

 

飲み会が嫌だ

オンナの役割を与えられるから。

 

飲み会が嫌だ

オンナになってしまうから。

 

飲み会が嫌だ。

自分の嫌いな自分になってしまうから。

 

飲み会が嫌だ。

誘われていないのも怖いから。

 

もう行かない。

自分の嫌いな自分にならなくなったら、考える。